レディ

人体に好影響をもたらすことで話題の馬プラセンタとは

アントシアニンの効果

ブルーベリー

アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。アントシアニンの大きな特徴は抗酸化作用を有していることです。抗酸化作用を有していると身体にどういった効果があるのか、ここで見てみましょう。
人間は呼吸によって酸素を体内に取り込みます。酸素は、人間の生命維持になくてはならない要素であり、酸素を取り込むことで得られる成分が人間にとって大切なのです。一方で、酸素を取り込むことで人間の生活に影響を及ぼす物質も生成されてしまいます。それは活性酸素と呼ばれています。活性酸素は人間が体内に取り込んだ酸素を使用する際に生み出される要素です。活性酸素は、その量に応じて人体に与える影響が変化します。少量であれば人体にとって良い影響をもたらします。一方で、大量に生み出されてしまうと人体にとっては悪影響となるのです。具体的には生活習慣病やがんの発症が認められています。
アントシアニンに含まれる抗酸化作用は、この活性酸素の増加を防ぐ働きがあるのです。日常生活において活性酸素が増えるタイミングはいくつかあり、そのどれもが完全に防ぐことは難しいものです。例えば紫外線やストレスなどがそれにあたります。生活するうえでどうしても活性酸素が増える場面に立ち会わなければならないのです。その活性酸素の増加を防いでくれるアントシアニンは、非常に貴重であると言えます。
アントシアニンは様々な食物に含まれています。ブルーベリーやアサイー、キャベツ、クランベリーなどです。そういった食物を摂取することでアントシアニンを効率良く体内に取り入れることができます。